2008年09月23日

300年で、134種の鳥類が絶滅

わずか300年で134種消えた 鳥は闇に消えた
(イザ!)

絶滅した鳥の数は、
18世紀・27種⇒19世紀・51種⇒20世紀・56種
と、増加傾向。

主に、外来種の影響を受けやすい、小さな島々に
生息する鳥が厳しい状況におかれているらしいですが、
18世紀には、当時の世界の総人口8億人よりも遥かに
多い、50億羽もいた「リョコウバト」が、乱獲により
20世紀初頭に絶滅しているので、21世紀は小さな島々の
鳥以外にも、人口爆発を起こしている国の鳥も、食糧危機に
よって乱獲され、絶滅しそうな気がします。

関連YouTube
・デスパンダ リョコウバト


関連リンク
リョコウバト
(Wikipedia)

バードライフ・アジア
報告書を発表した、国際環境NGO
「バードライフ・インターナショナル」のアジア部門。
「ライブラリー」の「デジタル資料館」に、
「アジア版レッド・データ・ブック」(英語)などが
あります。

アホウドリが復活する日―絶滅を宣言された鳥の保護につくした人びと (くもんのノンフィクション児童文学)
アホウドリが復活する日
絶滅を宣言された鳥の保護につくした人びと
(くもんのノンフィクション児童文学)
posted by にんじゃハム at 17:54 | コメント(0) | TB(0) | ニュース
b_entry.gif b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。