2011年06月12日

遊戯王ZEXAL 第7話&第8話の感想と遊戯王 関連情報

親に無理を強いられている実は気弱なスター子役というかアイドルの「苦悩(心の闇)」
が増幅されて、特撮ヒーローになりきってしまうという、結構かわいそうな話なんだけど、
まじめにやってる分、笑えてしまった。

あと、デュエルの展開も面白かった。

デュエル脳のアストラルが「気を付けろ!」と言って、カードの効果じゃなく、
キャラの設定を解説したり、モンスターが演技し始めたり。

アストラルがロビンオタクだったおかげで、勝つという流れも良かった。(笑)

それと、ロビンファミリーは、OCG化されるんだろうかね?
一応、風也が使用した「三連星のトリオン」と「No.83 ギャラクシー・クィーン」は、
OCG化されるけど。

というか、ギャラクシー・クィーンが「ナンバーズ」だったということは、
異次元エスパー・ロビンの世界とアストラル世界は、何か関係があったんじゃ?
(ただの偶然なのか?)


遊戯王 関連情報(2011/05/26〜06/12)
続きを読む
posted by にんじゃハム at 21:49 | コメント(0) | TB(0) | 遊戯王
b_entry.gif b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。