2011年03月21日

遊戯王5D's 第151話の感想と遊戯王 関連情報

遊星VSゾーンのデュエルがついに決着。

『シューティング・クェーサー・ドラゴン』の登場は、ゾーン曰く、
歴史になかった事実ということで、ゾーンが引いたレールの上を走って(らされて)きた
遊星が、仲間達との絆によって運命を超え、歴史を変えた瞬間だったのね。
(宇宙まで行くという、大げさな演出になるのもわかるわ)

限界を超えた遊星の前では、ゾーンの切り札『究極時械神セフィロン』も、
完全に噛ませ犬ですよ。(これは仕方がないか)

あと、ゾーンは、遊星の可能性を完全に信じられなくなったわけじゃなく、
自分の生命維持装置の限界が近づいてきて、最後の人類として焦って、
ああなってしまっただけなのか。(泣)

最終的には、遊星の進化を促せて、無駄にはならなくて良かったけど。


遊戯王 関連情報
続きを読む
posted by にんじゃハム at 23:25 | コメント(0) | TB(1) | 遊戯王
b_entry.gif b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。